税理士を依頼する前にできること

起業した人がすべて、経理に詳しいとは限りません。それどころか、どちらかというと起業するような経営者というのは、追うべき目標、ビジョン、モノや人の手配など、自分にしかできないことに追われていてなかなか数字の管理というのは苦手な人が多いようです。

そこで、税理士のようなプロに経理のある部分を依頼するわけですが、例えば起業後間もないとか、個人事業での起業などで、できれば税理士に依頼する費用をかけたくないという場合、各地域の商工会を上手に使うことができます。
商工会員になると、会費を納めるだけで、様々な指導を受けることができるのです。
経営コンサルタントの先生に全体の指導を受けることもできますし、税理士の先生に指導を受けることも可能です。
それは、商工会へ依頼して認められるとはじめて実施されることですので、商工会の会員になったら、どんどん質問して、どんな指導を無料で受けることができるのかを確認することです。

租税に関するセミナーや勉強会、青色申告の時期にはその説明会も開催されていますし、すべて無料ですから、利用した方がいいでしょう。
税理士の指導は基本的に2回の訪問、指導までは無料という商工会が多いようです。
地元の税理士を紹介されますので、地域柄などをよく知らずに起業した場合、そういった話も聞けますから、税理士といっても、ほとんど経営コンサルタントだとおもって何でも相談できます。
領収書の保管方法から、必要な書類の説明まで、初心者でもわかるように丁寧に説明してくれます。
私の場合は、個人事業なので青色申告についてでした。
税理士先生自身も申告をしているワケですから「僕の場合はこういうふうに、要らないノートに領収書を貼っているよ」と実物を見せてもらえたりしました。
どんなものが経費になるのかの説明も受けました。
新聞など意外なモノが経費にならないことは「普通の人でも買ってるでしょ、新聞。そういうものは経費にならないと思って。でも、お客様のために買ってる新聞は商売のためだから経費になるんだよね。例えば美容室とか、お客様に呼んでもらうために買ってるからね」など、説明も具体的でわかりやすかったです。

そして、未来の話をして、「儲かって、経理は外注に出そうと思ったら税理士をこんなふうに使ったらいいよ」ということまで、お話してもらえました。
法人になるとどんなことが得で、出費はどのくらい違うかなど、も教えてもらえたので、しばらくは個人事業でやっていこうと決めました。
そんな様々な知識を、商工会に入っているだけで無償で提供してもらえる機会があることを知っていましたか?