税理士を選ぶポイントとは

皆さんは税理士を選ぶ際にどのような基準で選びますか?
税理士を選ぶ際には「料金」「税理士との相性」など、いろいろな基準があると思いますが、実際のところ「どうゆう基準で選んだら良いかわからない」という人も少なくないかと思います。
今回はそういった方のご参考になるように、税理士を選ぶ際にポイントとなる点を3つご紹介したいと思います。

1:税理士の顧問料は安いほうがいいのか
税理士と契約する際、顧問料は安いほうが良いと考える人は少なくないと思います。
もちろん、顧問料は安い方が良いですが、安ければ安いほど良いというものでもありません。
税理士が顧問先から受け取る報酬が安い場合、その顧問先へのサービスにかける時間が短かったり、もしくは、安い給料で雇えるスタッフにその業務を担当させている可能性も高く、サービスの質が低いケースも少なくありません。
税理士からの見積もりを比較する際には、顧問料が「安いかどうか」だけではなく「なぜその値段なのか」にも注意して、どのようなスタッフがどれくらいの手間をかけてサービスを提供してくれるのかを確認することがお勧めです。

2:税理士の年齢
税理士は経験や知識を提供する仕事のため、年齢によっても異なってきます。
もちろん、年齢だけでは判断できませんが、若い税理士であればフットワークが軽くITに強かったり、ベテランの税理士であれば税務署対応の経験が豊富であったりするなど、年齢によって違いもありますので、税理士の年齢もある程度は参考にして決めるのが良いでしょう。

3:税理士事務所の大きさ
税理士を選ぶ際には、税理士個人だけでなく、その税理士が経営する税理士事務所の規模も確認することもポイントです。
その税理士事務所の規模が大きければ、事務所の経営やサービスも安定している可能性が高くなります。
しかし、一方で規模が大きい場合には、どのスタッフが担当するかによってサービスのレベルに差が出てくることもありますので、面談をした税理士が良い人でもスタッフの対応が良くないケースもあります。
また、小規模な税理士事務所の場合は、規模の小ささに不安を感じる場合もありますが、全ての業務が税理士の目の届く範囲で業務が行われているので、面談した税理士が良い人であれば、契約後もその税理士が直接担当してくれ、サービスのレベルも良い可能性が高いです。このように税理士事務所の大きさによっても良し悪しがありますので、規模にも注意しながら税理士との面談を行われることをお勧め致します。

以上が税理士選びの3つのポイントになります。
ご参考の上、良い税理士を見つけて頂ければと思います。